ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

2019年ドラフトを振り返る~SB編~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

本日はドラフト振り返り第3弾、ソフトバンク編です。

 

(昨年の振り返り記事はこちら)

nekoiscat.hatenablog.com

nekoiscat.hatenablog.com

nekoiscat.hatenablog.com

 

 

(2019年ドラフト予想、SB編はこちら)

nekoiscat.hatenablog.com

 


 

 

1位:佐藤(直)(JR西日本

最初の入札では石川に突撃。

中日から横取りを狙ったのかと思ったが、どうやら相当前から石川に決めていたらしい。佐々木に違いないと思っていたので完全に予想が外れた。

 

さらに外れ1位指名で外野手の佐藤を指名。

これも西(創志学園高・阪神1位)あたりに行くと考えていたので驚いた。というか、正直に言えば1位指名の12人の中で最も驚いた。まあ、社会人はよく知らなかったという面も多分にあるのだが。

それだけ、今回のドラフトでは野手を重視していたということだろう。

 

選手としては足と守備に定評があるとのこと。右打者なのも、ソフトバンクの編成的にマッチしている。

長打力はあるとか無いとか色々言われているが、ここが育つようなら上位打線に割って入れるかもしれない。

 

2位:海野(東海大

大卒捕手勢の一角と獲得。

これも意外だった。というか、捕手の本指名は無いと思っていた……(上記予想記事参照)。

 

どちらかといえば守備型の捕手。第2捕手争いに割り込ませることで髙谷の負担を減らしつつ、打撃のいい栗原をコンバートで使えるようにする、という狙いか。

 

3位:津森(東北福祉大

ここで即戦力投手に。

 

海野もそうだが、外れ1位候補とも目されていた選手をこの指名順で獲れたのはラッキー。どうせ左腕は橋本(大阪商業大・中日2位)も坂本(立命館大・DeNA2位)も浜屋三菱日立パワーシステムズ・西武2位)も残っていなかったし(浜屋は海野と引き換えに獲れたが)。

同じ右サイドの伊勢(明治大・De3位)も残っていたが、津森が消えていれば獲っていただろうか。九州学院出身だし。

 

4位:小林(東海大札幌高)

投打に魅力がある、大型の高卒選手。

高卒内野手では黒川(智弁和歌山高・楽天2位)を狙っているという噂を耳にしたのだが、あまりに早く攫われてしまった。

 

二刀流っぽい選手といえば昨年の中神、宜保、勝又らが思い浮かぶが、選手データを見ると彼らより恵体のようだ。

野手として指名されていたので、大型の内野手として育てていくのだろう。

 

5位:柳町慶應義塾大)

ソフトバンクに関しては予想外れまくりだったが、柳町の指名だけは的中した。そういうことにしておいて。

 

打てる外野手としては他に加藤(早稲田大・指名漏れ)などがいたが、一応色々な守備位置が考えられる方を優先した、というところだろうか。

中村晃のように率が残せる選手になれるか。

 

まとめ

とにかく野手を強化したいという思惑がはっきり読み取れるドラフトだった。

結果的に5名中4名が野手であり、唯一の投手である津森には大きな期待を掛けていると見える。くじ引きはまた負けてしまった。

 

そういえば九州関連の選手は全くいなかった。育成では勝連(4位・興南高)など3名の九州高校生を指名したが。