ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

2018年ドラフトを振り返る①~ドラ1~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

今日、2018年のドラフト会議が行われました。

せっかく事前予想もしたことですし、何回かに分けて今年のドラフトを振り返っていきたいと思います。

今回は1位指名の選手について。

 

(私のガバガバ予想は以下の記事をどうぞ) 

nekoiscat.hatenablog.com

 

1回目指名

楽:藤原(大阪桐蔭)→×
阪:藤原(大阪桐蔭)→×
ロ:藤原(大阪桐蔭)→◯
中:根尾(大阪桐蔭)→◯
オ:小園(報徳学園)→×
D:小園(報徳学園)→×
日:根尾(大阪桐蔭)→×
巨:根尾(大阪桐蔭)→×
ソ:小園(報徳学園)→×
ヤ:根尾(大阪桐蔭)→×
西:松本(日体大)☆
広:小園(報徳学園)→◯

 

事前に6球団が指名選手を公言していたこともあり、サプライズはほぼ無し。

強いて言うなら、DeNAが小園にいったことが少し意外だったくらいか。吉田の一本釣りでもしていたらなかなか盛り上がっただろうが。

 

そして根尾は地元・中日が、藤原も真っ先に手を挙げたロッテが無事確保。小園を引き当てた広島も含めて、「あるべきところに収まった」感が強い。

西武は無事松本の一本釣りに成功。

 

2回目指名

楽:辰巳(立命大)→◯
阪:辰巳(立命大)→×
オ:太田(天理)☆
D:上茶谷(東洋大)→◯
日:吉田(金足農)☆
巨:辰巳(立命大)→×
ソ:辰巳(立命大)→×
ヤ:上茶谷(東洋大)→×

 

吉田は日ハムが競合無しで確保。最初の指名が無いのはともかく、外れ1位でもダブらないのは意外だったが、いい球団に収まったのではないか。日ハムとしても2年連続で甲子園のスターを確保できて万々歳だろう。

オリックスも太田を単独指名。正直、早くても2位か3位だろうと思っていたので驚いたが、それだけ二遊間の人材が欲しかったということだろう。

 

一方、辰巳には4球団の指名が集中。藤原を外した楽天阪神に加えて巨人・ソフトバンクも参戦した。右の先発が足りないDeNAとそもそも投手陣が薄いヤクルトは上茶谷で競合。

結果、辰巳は楽天が、上茶谷はDeNAが交渉権を獲得。

 

3回目指名

阪:近本(大阪ガス
巨:高橋(八戸学院大
ソ:甲斐野(東洋大
ヤ:清水(國學院大

 

外れ外れ1位は競合無し。

阪神は藤原、辰巳を外したがめげずに外野手の近本を指名。現在の阪神の外野陣の顔ぶれを考えると当然とも言える。糸井と福留はいつ休めるんですか?

 

巨人は八戸学院大の左腕・ 高橋。

名前はちょくちょく挙がっていたが1位で獲るとは思っていなかった。左腕が不足気味だった今年の傾向も影響しただろうか?

 

ソフトバンクは甲斐野に落ち着いた。

今年のリリーフ事情を考えれば納得の指名だろう。

 

ヤクルトも大学生投手の清水を指名。

原や星のように早くから1軍戦力に加わりそうだ。ケガにだけは気をつけて。

 

 

こうして振り返ると去年の吉住(ソフトバンク1位)のような大きなサプライズが無く、比較的順当な結果になったと言えそうだ。

同じくらいのレベルの有力選手が多く揃っており、チーム事情によって指名がバラけた・狙いの選手を外しても次の選択肢があったというところだろう。