ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

2021年ドラフトを甲子園前に予想~De編~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

ガバガバドラフト予想、DeNA編です。

 

昨年のドラフト

牧がレギュラーをガッチリ確保。一方で投手の新人はまだまだこれからといったところ。

ここ何年かはポジション・年齢共にバランスの良い指名が続いており、今年も先発型投手を中心に偏りなく纏めてくることが予想される。

 

1位指名

現時点で真っ先に補強したいのは先発投手だろう。特に今シーズンの春先は層の薄さが響いた。

現時点の評価から考えると、まず佐藤(筑波大)で外したら隅田(西日本工大三浦山下(ともに法政大)といった流れか。

 

過去、高校生投手の上位指名が少ないだけに、個人的には突っ込んでほしい気もするが。

 

その他の補強ポイント

即戦力捕手

投手同様、台所事情が苦しいのが捕手陣。特に今年は打撃が低調な選手が多く、伊藤光が稼働しないと打線の繋がりが悪化する。

幸い、今年は古賀(中央大)を始め、岩本(早稲田大)久保田(関西大)などの候補がいるため、即戦力を確保することは可能。

 

松川(市和歌山高)や高木(県岐阜商高)もバッティングはよく、特に松川は高評価の模様だが、近年は山本・益子・東妻と若い捕手を立て続けに獲得している。

将来性より目先の戦力増強が優先事項だとは思うが、どうだろうか。

 

若手外野手

少し前までは「外野手はいるが内野手がいない」という状況だったが、気がつけば細川より若い外野手がいなくなっていた。1枚は獲得したいはず。

高校生なら前川(智弁学園高)米山(市尼崎高)前田(三島南高)などの名前が挙がっている。

大学生では1番・センタータイプの丸山(明治大)が補強ポイントにマッチしていそう。安心と信頼の明大ブランド。

 

中位~下位で獲得可能な(先発)投手

DeNAの指名順からすると、古賀にせよ松川にせよ3巡目での獲得は望み薄。

2巡目指名をそこに割くとして、すぐに使えそうな投手がドラ1だけ、という結果にはしたくないだろう。

米倉(Honda)原田(日立製作所古屋敷(法政大)、地元勢でもある飯田(横浜商科大)などが名前の出ているところ。

 

俊足の選手

昨年指名の牧・小深田は打撃型の選手。一昨年のメンツも俊足・身体能力高い系の選手は森だけで、そろそろ追加したいところ。三浦新監督になっても機動力野球はできなかったしね……。

 

とはいえ、昨年の五十幡のような、上位指名確実と言える選手はいない様子。先述の丸山の他、二遊間が守れる大内(JPアセット証券)あたりが候補だろうか。

あまり名前は挙げられていないが、六大学で首位打者を取った陶山(明治大)なんかも面白そう。

 

全体予想

  1. 佐藤(→隅田)
  2. 古賀
  3. 古屋敷
  4. 丸山
  5. 米倉
  6. 前田

 

各項目を総合すると、全体予想はこんなところ。

外野手の候補は左打ちの候補が多く、前田は貴重な右打ち外野手枠。逆に中位で取れそう(Deが取りそう)な大卒・社会人投手は右投げばかりなので、1位では左腕が欲しいのではないか。

 

ただ、この並びだと高校生投手が0になってしまう(高卒社会人の米倉はいるが)ので、3~4位あたりに1枚入れてくるかもしれない。