ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

2019年ドラフトを振り返る~YS編~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

本日はドラフト振り返り第2弾、ヤクルト編です。

 

(昨年の振り返り記事はこちら)

nekoiscat.hatenablog.com

nekoiscat.hatenablog.com

nekoiscat.hatenablog.com

 

 

(2019年ドラフト予想、YS編はこちら)

nekoiscat.hatenablog.com

 


 

 

1位:奥川(星稜高)

宣言通り、今年の目玉に入札。そして見事勝ち取った。

ヤクルトにしては珍しいと思ったが、まあ相手も巨人阪神だったしね。仕方ないね。

 

選手としてのポテンシャルは今更言及するまでもない。

 

ヤクルトの場合、投手陣が壊滅しているので1年目からチャンスがありそうだが、あまり無茶はさせないであげてください。

 

2位:吉田(日本体育大

無難に大卒投手を選択。

1位の12人に入ってくると考えていた人もいた選手で、かなり素直な指名となった。

 

 

「悪い時でも悪いなりに試合が作れる先発タイプ」という評価らしく、1年目からの大回転が望まれるところだ。怪我にだけは気を付けて。

 

3位:杉山(創価大)

また大卒投手。

 

正直、杉山は2位で消えると思っていたので、3位ラストで獲れたのはラッキー。大舞台での強さが無いあたりが嫌われたか?

しかしガタイは吉田や大西より良いし、ストレートも速い。3人の中で最もロマンのあるタイプと言えそうだ。

 

4位:大西(大阪商業大)

さらに大卒投手。

どうした?ドラフトが真っ当すぎるぞ??

 

奥川も含め、全員右投手なのは残念だが、実力的にはかなりいいところを引っ張ってこれた。

大西は強心臓でリリーフ適性があるとのこと。ソフトバンクの甲斐野のように、早くからセットアッパーに収まる可能性もありそうだ。少なくとも梅野がぶっ壊れる前に負担を分散したいね。

 

5位:長岡(八千代松陰高)

ここで初めて野手に移行。千葉県ナンバーワンのショートを獲得。

名前と、八千代松陰の夏大会準優勝だけは知っていたが、全国的にどのくらいの位置にあるかは分からず。まさか武岡より先に指名されるとは思わなかった。

 

何しろヤクルトの5位→6位は折返しのため、この2人はどちらから獲ってもOK。すなわち、その場の戦術がどうのこうのということではなく、純粋に評価されている方が先に指名されているはず。ポジションが同じならなおさらだ。

 

6位:武岡(八戸学院光星高)

高卒ショート2枚目。

片方はコンバートすることも考えているのだろう。

 

夏の甲子園では近藤や下山の陰に隠れがちで、U-18でも打撃に苦しんではいた。が、ここまで指名が遅いのはさすがに意外だった。

ただ、ショートだらけのU-18で正遊撃手として起用されていたし、足もある。打撃を磨けばのし上がれる可能性は十分にあるだろう。

 

まとめ

ヤクルトらしくない、素直で力強い指名だった。

 

奥川を見事に引き当てた上、2~4位では3名の即戦力投手を獲得。投手陣が大幅に強化された。

さらに下位で高卒野手をゲットし、若返りを図れたのもいい。外野手を獲っていない分はコンバートでカバーするということか。

 

 

左腕がいない、古賀と競わせる若い捕手がいない(育成で持丸か石塚は獲れた)という点は若干気になるものの、12球団の中でも上位の結果と断言できる 。