ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

「ちいさな彼女の小夜曲」「失われた未来を求めて」聖地巡礼レポ

(BGM:マリンブルーに沿って)

 

こんばんは、飛鷹です。

運転会レポに続き、今回の記事はセンバツ観戦記……の、はずでしたが!(ファンタのアレ)

土曜日にちょっとしたお出かけをしてきたので、そちらのレポートになります。具体的に何しに行ったのかはタイトルを読んでください。

 

 

禁断症状なのかしら。

社会人になって2週間。旅行欲が早くも抑えきれなくなった上、ドイツで聖地巡礼を達成してしまった私は、今日も軽率に聖地巡礼へと赴くことにした(この件については勿論ヨーロッパ旅行記で触れます)。

 

今回のターゲットは江ノ島方面。現在プレー中の「ちいさな彼女の小夜曲」、初めて購入したエロゲの失われた未来を求めてと、この2本の背景に使われたスポットを巡る魂胆だ。

2013/2010年発売のゲームに対して2019年に反応するという流行の周回遅れっぷりが実に私らしい。

 

富津公園
洲崎灯台
▲われめて聖地巡礼は2016年に1度敢行している。この時は富津岬・鋸山・洲崎灯台などを回ってきた。

 

現地へ

昨晩はブログ更新で少し遅くなってしまったが、それでも予定通りに起床。

生活習慣を(強制的に)改め(させられ)た効果が現れている。

 

江ノ島・鎌倉フリーパス

小田急江ノ島・鎌倉フリーパスを利用。

 

片瀬江ノ島着は11時半。日差しは暖かく、花粉症も発動しない。素晴らしい外出日和だ。

 

片瀬江ノ島駅(ホーム)
片瀬江ノ島駅(駅舎)
片瀬江ノ島駅。駅舎は工事の真っ最中。

 

駅を出ると、すぐそこに海水浴場らしき気配。基本的に山より海派の私は0.2秒で「すこ」と言い放った。心の中で。

 

海(片瀬西浜海水浴場)
富士山
▲富士山もくっきり。

 

ちいかの編・前

片瀬西浜海水浴場

片瀬西浜海水浴場(CG)
片瀬西浜海水浴場(実際)
▲巡礼1。

拓海たちが遊んでいた海水浴場。

背景CGのように島(江ノ島)の横幅が短く見えるようなポイントは発見できず。

また、片瀬漁港のプロムナード(後述)や江ノ島に向かう弁天橋がどうしても写り込んでしまうので、思ったよりもCGと現実の風景が違って見える。

 

片瀬漁港西プロムナード

片瀬漁港西プロムナード(CG)
片瀬漁港西プロムナード(実際)
▲巡礼2。

汐音が海に落っこちた場所。

CGでは一部分しか描かれていないが、実際には海へと長く突き出した道になっている。500mくらいはあるだろうか?加えて、柵が多数設置されていたり、左側の一段低くなっている部分へ下るスロープが付いていたり、突端が左に曲がっていたり。

海釣り勢が多いのは作中の説明通り。

 

東プロムナード
東プロムナード
▲プロムナードを引いた視点で。

 

突端にある小さな灯台(白灯台)は、汐音が歌を響かせながら手をついていたものだろうか?

 

白灯台

灯台。色や形状が違うが、場所的にはピッタリのはず。

 

東プロムナード
東プロムナード
▲汐音を担いであのハシゴ登ったのかなあ、とか。

 

江ノ島駅

江ノ島駅(CG)
江ノ島駅(実際)
▲巡礼3。

住廼江町駅。

どう見ても元ネタは江ノ島駅なのだが、細部は意外に一致しない。パーツごとに駅舎を分解し、組み換えて再構成したような印象だ。

 

江ノ島駅

▲別角度から。江ノ島駅は4/10にリニューアル完了報告が出たばかりであり、例えば手前の鎌倉方面行きホーム改札口はできたてホヤホヤ。

 

江ノ電(車両)

江ノ電(CG)
江ノ電(実際)
▲巡礼4。

現在の江ノ電にCGのタイプの車両は存在しない。

というかこれ1両編成か?ただでさえ乗客の多い江ノ電にそんなものを突っ込んでみろ、極楽寺駅が地獄寺駅に改名するぞ(意味不明)。

 

 

デート。

撮影しつつ江ノ電鎌倉駅まで移動したところで、大学時代のサークルの後輩氏と合流。

後輩の誰かと会うのは大学を脱出して以来初めてだが、互いの言動に全く進歩が見られず一安心。

 

ハンバーガー

▲ごはん。

 

テラス席でちょっと値の張る昼食を食べた後、ソフトクリームもいただく。勿論、後輩のものとは別の味を選択し、交換作業に勤しむ。作中でのワンシーンを意識していたのは言うまでもない。

しかし、私の目の前にいるのは水夏ではないのである。悲しき現実。

 

ソフトクリーム

▲ソフトクリーム(抹茶/ほうじ茶)。

看板

▲「マイルド」が「マーメイド」に見えたのは内緒。

 

大混雑の江ノ電で再び江ノ島駅へ戻り、後輩と別れて島の中へ。

 

モニュメント

▲弁天橋にて発見。なるほど、汐音の名前はここから……。

 

江ノ島内

▲混んでるなあ。

 

ちいかの編・後

江島神社辺津宮中津宮、奥津宮)

神社(CG)
神社(実際)
▲巡礼5。


白神社……ではないかと思って行ってみたのだが。

社殿の構造、石畳の様子などがどれも当てはまらない。先人の情報にも特に記載されていなかったしなあ……。

 

江島神社(中津宮)
江島神社(奥津宮)
中津宮(左)、奥津宮(右)も似ていない。むむむ。

 

聖地巡礼としては空振りに終わったものの、島内探訪自体が初めてであったので普通に観光を楽しんでいた。

 

おみくじ

▲やっと運勢は上向きになったらしい。やったぜ。


 

 

うみ1
うみ2
▲この日は晴れていたので景色がGOOD。

 

いわ
おやすみ
▲江の島岩屋へと続く道(今日はお休み)。周囲にも岩場が多いが、茉莉√のアレはこれらを参考にしたのではないか。

 

石碑?

▲どうした?

 

チケット
海上より
▲帰りは船で素早く島を離脱。

 

島を脱出した後は七里ヶ浜方面へ。

 

国道(片瀬東浜海水浴場付近)

国道(CG)
国道(実際)
▲巡礼6。

拓海の家近辺。

江ノ電が海沿いを走るのはもう少し東側だし、併用軌道でもない。ということで、CGの線路部分は後付け。

噂に違わず、交通量・夕方の逆光具合共に激しかった。朝に訪れたほうが良かったかもしれない。

 

かまくらし
ふじさわし
▲近くに市境が走っている。

 

ちなみに周囲を見渡したところ、マーメイドは無いが吉野家・ココス・一風堂が確認できた。

 

江ノ電(併用軌道区間

併用軌道
併用軌道+車両
▲相変わらずの逆光っぷり。

この場所自体が何かの背景になっているわけではないが、併用軌道は何回か出現しているので。

CGとの違いは、線路周囲の路面の色だろうか。CGではある程度塗り分けがあるが、実際にはベタッっと一色である。

 

 

ここで「ちいさな彼女の小夜曲」の巡礼は終了、次いで「失われた未来を求めて」編に移る。

なおやることは変わらない模様。

 

われめて編

江ノ電沿線(腰越~鎌倉高校前~七里ヶ浜間)

江ノ電沿線(CG)
江ノ電沿線(実際)
▲巡礼7。

通学路。

江ノ電が海沿いを走るこの区間において、CGのような右カーブを描く場所は少ない。

鎌倉高校前駅の腰越方にあるカーブの付近が最も近しいだろうか。

 

バス停(CG)
バス停(実際)
▲巡礼8。

 

また、このような屋根/ベンチ付きのバス停も付近には見当たらず。

線路がカーブしている場所にあるバス停自体、この峰ヶ原停留所くらいしか該当しないが、道路と線路が並行していない。

 

峰ヶ原停留所
峰ヶ原停留所(ダイヤ)
▲すっくねえ。

 

日坂

坂(CG)
坂(実際)
▲巡礼9。

通学路。内浜学園から先程の国道沿いへ向かう坂。

左右の壁やフェンスはあまり一致しないが、ここ以外には無いだろう。

 

なお、この場所は「SLAM DUNK」を始め、様々な作品の聖地となっている。この日も大量の観光客で溢れかえっており、警備員が交通(?)整理をするほどだった。

 

日坂

▲人多すぎィ

 

 

さよなら休日。

こうして予定していたポイントを回り終え、普通の観光もこなせた私は意気揚々と帰宅。

代償として翌日は身体が使い物にならず、1日棒に振ったが、精神的な何かが大きく回復したのであった。ありがたや。

 

この先、溜まったストレスは外出することで晴らすというのは有効な選択肢となり得るだろう。ブログのネタも稼げるし、ちょくちょく日帰り旅をしていきたいものだ。

 

夕日

▲夕空が美しくて泣きそう。