ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

日中に何もできなくなる季節ですね

こんばんは、飛鷹です。

 

 

いよいよ、明日から夏の甲子園が始まりますね。

相変わらず他の高校スポーツでは考えられないほどの称賛と批判を浴び続けていますが、それは横に置いておきましょう。

 

この記事では今年の大会の優勝予想をしてみることにします。

とはいえ、私は世の中の高校野球ガチ勢各位と比べればにわかもいいところなので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。

 

(※今年の組み合わせはこんな感じです。)

www.nhk.or.jp

 

本命

大阪桐蔭

直球過ぎて面白くない予想ですが……まあ大本命でしょう。

戦力は充実、履正社戦での土壇場逆転勝利で勢いもあります。初戦の作新学院戦を乗り切れば、各位が言うところの「優勝候補」「強豪」とはしばらく当たらないのも◯。

対抗

智弁和歌山

本命が大阪桐蔭なら対抗にここは外せない。

打線の迫力は十分で頼れるエースもいる。となると、小堀や池田ら2番手以降の投手がどうかというところでしょうか。センバツの時もそんな感じでしたが。

横浜

だいぶ前から注目されていた今世代の横浜。個々の能力は非常に高いですが、センバツには出場できず。大舞台の経験という部分がどうか。

2回戦で花咲徳栄と当たる可能性があり、ここが最初の山になりそうです。

創成館

個人的に注目しているチームの一つ。酷暑の下行われる本大会では投手の備えが重要となりそうですが、ここの投手陣の充実ぶりは随一です。エースの川原以下、4~5人はどこかしらで名前を見たことのある選手が並びます。

ただし山には難敵が多く、初戦、2回戦と気の抜けない戦いが続きます。

木更津総合

毎年のように代表校が入れ替わる千葉県において3年連続出場。

今年は打線が活発で、投手にも注目選手が2人。エース・早川頼みという面があった2年前の成績(ベスト8)を超えられる可能性はあるでしょう。

こちらも、山には難敵が多い。というか、勝ち進んだら上述の創成館とぶつかります。

浦和学院

今大会において、試合数が1つ少ないチームは8チームありますが、その中ではここが有力と見ます。小園擁する報徳学園もなかなか迫力はあるのですが、予選で苦しんでいたので……。

山は厳しいですが、投打にタレントがいるのがポイント。仙台育英にリベンジを果たすことができるか、まずは初戦に注目ですね。

大穴

星稜

金沢生まれなので石川県代表(プラス、福井・富山・新潟県代表も)の動向は気にかけています。

日本航空石川がまさかの初戦敗退を喫する中、星稜は盤石の戦いぶり。打線・エース・センバツ経験が揃っており、OB・松井秀喜の始球式直後の試合(開幕試合)を見事引き当てる運の強さもあります。センバツ後に期待の1年生も2人ほどやってきました。

どこまでいけるかは未知数ですが、頑張ってほしいものです。