ねこのまどろみ

鉄道・旅行・やきう・その他日常のちょっとしたことをつれづれなるままに綴っております。にゃん。

2018年ドラフトを振り返る③~5位以下~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

だいぶ間が空いてしまいましたが、2018年ドラフト振り返り連載の3回目です。

今回は下位(5位~)指名の選手について。

 

(私のガバガバ予想は以下の記事をどうぞ) 

nekoiscat.hatenablog.com

 

5順目指名

↑↑
楽:佐藤(山形中央
阪:川原(創成館
ロ:中村(亜大)
中:垣越(山梨学院)
オ:宜保(未来沖縄)
D:益子(青藍泰斗)
日:柿木(大阪桐蔭
巨:松井(折尾愛真
ソ:水谷(石見智翠館
ヤ:坂本(新日鐵住金広畑)
西:牧野(遊学館
広:田中(菰野
↑↑

 

だんだん「名前だけは知っている」程度の選手が増えてきた。事前勉強無しならこの辺からさっぱりだっただろう。

 

全体的に素材型の高校生が多く指名される中、ヤクルト・ロッテは即戦力候補の投手を獲得。特にロッテは2位東妻・3位小島に次いで3枚目の大卒投手獲得で、来シーズンの競争は激しくなりそうだ。

 

そして日ハムはここでも甲子園優勝投手の柿木を指名。ミーハーここに極まれり。そもそも、この順位まで柿木が残っていた事自体意外だが。150km/h出るし、先発・リリーフどちらもこなせるし、大舞台の経験も豊富だし。

 

なお、阪神川原を指名。

私が現地観戦で見たかった選手の1人であり、どこが指名するか気にしていたが、指名したのは育成に定評のない阪神。巨人に指名された面々に続き、こちらも不安だ。

 

6順目指名

↓↓
楽:渡邉(明大)
阪:湯浅(BC富山)
ロ:古谷(習志野
中:滝野(大商大)
オ:左沢(JX-ENEOS
D:知野(BC新潟)
日:田宮(成田)
巨:戸郷(聖心ウルスラ
ソ:泉(金沢星稜大)
ヤ:鈴木(日本文理
西:森脇(セガサミー
広:正随(亜大)
↓↓

 

そろそろ指名終了もチラついてくるところ。ただ、今年は結構選手がいると見え、12球団全てが誰かしらを指名した。

 

個人的なことを言うといよいよ誰が誰だか分からなくなってきて、一夜漬け知識の限界を思い知らされたのだが、ロッテが地元選手を確保したり、オリックスが社会人投手を獲ったりといったところは納得しつつ見ていた。

 

そして巨人の指名は戸郷

私が甲子園で見たかった選手の1人であり、どこが指名するか気にしていたが、指名したのは育成に定評のない巨人。返す返すも不安だ。

 

7順目指名

↑↑
楽:小郷(立正大)
阪:(指名終了)
ロ:松田(ホンダ)
中:(指名終了)
オ:中川(東洋大
D:(指名終了)
日:福田(星槎道都大)
巨:(指名終了)
ソ:奥村(三菱日立パワーシステムズ横浜)
ヤ:久保(九州共立大
西:佐藤(富士大)
広:羽月(神村学園
↑↑

 

 

いよいよ指名終了の球団が出始める。ここではセの4球団が指名終了を宣言した。

 

このうち中日は万全のドラフト、貫禄の指名終了といったところ。

DeNAはここのところかなりガッツリと指名していた分、今年はやや少なめの指名人数となったか。

 

そして巨人・阪神はまさかの終了。

巨人は何と2位以下を全て高校生で固めてきており、そろそろ即戦力選手かと思いきやそのまま終了。(ここ数年のドラフトに対する)反動が酷くないですか?

阪神は……これでいいのか?

 

一方指名された選手を見ると、日ハムが北海道勢・福田の確保に成功。逆にソフトバンクは未だ九州勢の選手がおらず、いつ獲るんだと勝手にソワソワしていた。なお、結果から言うと育成1位まで待たされた模様。

 

最後のPL出身選手となりそうな中川オリックスが指名。太田、宜保に加えて、とにかく二遊間を手厚くしたいという考えが透けて見えるようだ。

 

西武はやはりというべきか富士大枠が発動。ただ、鈴木(楽天8位)が先に獲られるだろうという予測は外れた。それだけ、ケガの影響を考慮したというところか?

 

8順目指名

↓↓
楽:鈴木(富士大)
阪:(指名終了)
ロ:土居(松山聖陵
中:(指名終了)
オ:(指名終了)
D:(指名終了)
日:(指名終了)
巨:(指名終了)
ソ:(指名終了)
ヤ:吉田(明治安田生命
西:(指名終了)
広:(指名終了)
↓↓

 

9順目指名された選手はいなかったため、結果的にこの3名が最後の本指名となった。

 

楽天は富士大・鈴木。よく考えたら富士大(岩手県花巻市)は東北の大学なのだから、西武よりも楽天のほうが「お膝元」のはず。やっと、と言うべきか。

 

ロッテは松山聖陵土居。高校の先輩かつ同タイプのピッチャーであるアドゥワ(広島)が意外に早く戦力となったので、こちらも案外早く芽が出るかもしれない。ロッテのリリーフ陣は若い選手が少ないことだし。

 

ヤクルトは明治安田生命吉田。1位・清水を除くと、上~中位で大卒・社会人の投手を獲らなかった分、下位で3人固めてきた。ごもっとも。

2018年ドラフトを振り返る②~2位-4位~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

2018年ドラフト振り返り連載の2回目です。

今回は中上位(2位~4位)指名の選手について。5位以下についてはまた後日書く予定です。

 

(私のガバガバ予想は以下の記事をどうぞ) 

nekoiscat.hatenablog.com

 

2順目指名

↓↓
楽:太田(大商大)
阪:小幡(延岡学園
ロ:東妻(日体大
中:梅津(東洋大
オ:頓宮(亜大)
D:伊藤(立正大)
日:野村(花咲徳栄
巨:増田(明秀日立)
ソ:杉山(三菱重工広島)
ヤ:中山(法大)
西:渡邉(浦和学院
広:島内(九州共立大
↓↓

 

楽天の指名からスタート。

 

その楽天梅津を指名しなかったのが最初の驚き。東北生まれで仙台育英高校出身と地元の選手、しかも1位では辰巳=野手を指名した分、投手を獲ると踏んでいたのだが。

確かに次世代の正捕手は補強ポイントの1つだが、太田の指名には「さすがに焦りすぎ」という評価も下されている模様。

そして件の梅津は中日が獲得した。根尾に続き、ドラ1候補と言われていた投手・野手を2枚抜きできたのは大きい。

 

もう1つの驚きは渡邉が西武の指名順まで残っていたこと。

正直、外れ1位くらいで消えると思っていたし、2巡目指名も西武は11番目であるため、さすがに途中で消えると思っていた。

普段なら日ハムあたりが指名しそうなものだが、1位で吉田を確保した分野手にいったというところか。

 

また、個人的に注目したいのが巨人2位の増田

以前のセンバツレポでも書いた通り、私が前から注目していた選手の1人であり、動向が気になっていたが、指名したのは育成に定評のない巨人。不安だ。どうか第2の坂本になっていただきたいものだが。

 

3順目指名

↑↑
楽:引地(倉敷商
阪:木浪(ホンダ)
ロ:小島(早大
中:勝野(三菱重工名古屋)
オ:荒西(ホンダ熊本)
D:大貫(新日鐵住金鹿島)
日:生田目(日本通運
巨:直江(松商学園
ソ:野村(早実
ヤ:市川(明徳義塾
西:山野辺(三菱自動車岡崎)
広:林(智弁和歌山
↑↑

 

まだまだ有名どころが多く残っており、チーム状況に合わせた指名がなされたという印象。

広島はスケール感のある高校生としてを、西武はFA流出しそうな浅村の後釜候補として山野辺を、といった具合だ。

1、2位で好素材を確保した中日はここで即戦力候補・地元出身の勝野を指名しており、この時点で既に成功ドラフトの気配が漂い始めていた。

 

ただ、阪神だけは「??」となった。今シーズン悲惨だった野手陣の中でも糸原や北條はまだ頑張っている部類だったし(北條はケガで離脱したが)、2位で小幡も獲っている。遊撃手を重ねて指名するのはどうだったか。

完全に素人目線だが、野手ならば濱田(ヤクルト4位)のようなスラッガータイプでも指名したほうがよかったのではないか?あるいは、前々から注目していたであろう引地楽天3位)か。

 

ちなみに、巨人の3順目指名は直江。私が甲子園で見たかった選手の1人であり、どこが指名するか気にしていたが、指名したのは育成に定評のない巨人。重ねて不安だ。

 

4順目指名

↓↓
楽:弓削(スバル)
阪:斎藤(ホンダ)
ロ:山口(明桜)
中:石橋(関東一)
オ:富山(トヨタ自動車
D:勝又(東海大菅生
日:万波(横浜)
巨:横川(大阪桐蔭
ソ:板東(JR東日本
ヤ:濱田(明豊)
西:粟津(東日本国際大)
広:中神(市岐阜商
↓↓

 

まだまだ有名どころが多い。今年は人材が豊富なのか、単に事前勉強してきたからそう感じるだけなのか。

 

ここでは山口勝又中神と二刀流の高校生が3人呼ばれた。全員投手指名だが、実際はどうなるか。

特に山口あたりは野手として使っていく可能性が強いのではないか。ケガのこともあるし、周りの指名投手だらけだし。

 

個別に各球団を見ていくと、中日は若手捕手が不在の中、石橋の補強に成功。ここまでほぼ完璧なドラフトなのでは?

 

日ハムは1位吉田、2位野村(佑希)に続いて万波を指名。「ぼくのかんがえたさいきょうのドラフト」になりつつあるが、事前予想記事で書いた通り、右打ち外野手は補強ポイントの1つ。ミーハー指名のようで、その実きっちり補強できているのではないか。

 

ヤクルトは2位の中山に続いて濱田を指名。外野手の若返りは急務だし、これも補強ポイントに合致している。

何より、2人揃ってスラッガータイプ。是非とも数年後の神宮花火大会を盛り上げてもらいたい。

 

そして意外だったのが横川の指名。いくら左腕不足とは言え、柿木より先に呼ばれるとは思わなかった。確かに巨人は3位で右投手の直江を指名しているが……。

 

 

2018年ドラフトを振り返る①~ドラ1~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

今日、2018年のドラフト会議が行われました。

せっかく事前予想もしたことですし、何回かに分けて今年のドラフトを振り返っていきたいと思います。

今回は1位指名の選手について。

 

(私のガバガバ予想は以下の記事をどうぞ) 

nekoiscat.hatenablog.com

 

1回目指名

楽:藤原(大阪桐蔭)→×
阪:藤原(大阪桐蔭)→×
ロ:藤原(大阪桐蔭)→◯
中:根尾(大阪桐蔭)→◯
オ:小園(報徳学園)→×
D:小園(報徳学園)→×
日:根尾(大阪桐蔭)→×
巨:根尾(大阪桐蔭)→×
ソ:小園(報徳学園)→×
ヤ:根尾(大阪桐蔭)→×
西:松本(日体大)☆
広:小園(報徳学園)→◯

 

事前に6球団が指名選手を公言していたこともあり、サプライズはほぼ無し。

強いて言うなら、DeNAが小園にいったことが少し意外だったくらいか。吉田の一本釣りでもしていたらなかなか盛り上がっただろうが。

 

そして根尾は地元・中日が、藤原も真っ先に手を挙げたロッテが無事確保。小園を引き当てた広島も含めて、「あるべきところに収まった」感が強い。

西武は無事松本の一本釣りに成功。

 

2回目指名

楽:辰巳(立命大)→◯
阪:辰巳(立命大)→×
オ:太田(天理)☆
D:上茶谷(東洋大)→◯
日:吉田(金足農)☆
巨:辰巳(立命大)→×
ソ:辰巳(立命大)→×
ヤ:上茶谷(東洋大)→×

 

吉田は日ハムが競合無しで確保。最初の指名が無いのはともかく、外れ1位でもダブらないのは意外だったが、いい球団に収まったのではないか。日ハムとしても2年連続で甲子園のスターを確保できて万々歳だろう。

オリックスも太田を単独指名。正直、早くても2位か3位だろうと思っていたので驚いたが、それだけ二遊間の人材が欲しかったということだろう。

 

一方、辰巳には4球団の指名が集中。藤原を外した楽天阪神に加えて巨人・ソフトバンクも参戦した。右の先発が足りないDeNAとそもそも投手陣が薄いヤクルトは上茶谷で競合。

結果、辰巳は楽天が、上茶谷はDeNAが交渉権を獲得。

 

3回目指名

阪:近本(大阪ガス
巨:高橋(八戸学院大
ソ:甲斐野(東洋大
ヤ:清水(國學院大

 

外れ外れ1位は競合無し。

阪神は藤原、辰巳を外したがめげずに外野手の近本を指名。現在の阪神の外野陣の顔ぶれを考えると当然とも言える。糸井と福留はいつ休めるんですか?

 

巨人は八戸学院大の左腕・ 高橋。

名前はちょくちょく挙がっていたが1位で獲るとは思っていなかった。左腕が不足気味だった今年の傾向も影響しただろうか?

 

ソフトバンクは甲斐野に落ち着いた。

今年のリリーフ事情を考えれば納得の指名だろう。

 

ヤクルトも大学生投手の清水を指名。

原や星のように早くから1軍戦力に加わりそうだ。ケガにだけは気をつけて。

 

 

こうして振り返ると去年の吉住(ソフトバンク1位)のような大きなサプライズが無く、比較的順当な結果になったと言えそうだ。

同じくらいのレベルの有力選手が多く揃っており、チーム事情によって指名がバラけた・狙いの選手を外しても次の選択肢があったというところだろう。

誕生日のエトセトラ

こんばんは。また1つ歳をとりました、飛鷹です。

 

 

 

今日はこの「10月24日」という日付について小話を。

 

 

どうもこの日付はなかなか曰く付きのようで、wikipediaなどを斜め読みするだけでも色々な出来事が起こっているのが分かります。

中でも大きなものは、世界恐慌が始まった1929年10月24日、いわゆる暗黒の木曜日ではないでしょうか。金運無さそう。

 

日本関連だと、神風連の乱(1876年)だのノルマントン号事件1886年)だのシブヤン海海戦(1944年)だの、大小の事件を織り交ぜてどうしようもない感じがにじみ出ています。

 

一方で世界に目を向けると、ヴェストファーレン条約(1648年)、国際連合発足(1945年)など歴史上重要な出来事が。

1964年には東京オリンピックが閉幕し、同日に独立を果たしたザンビア共和国(元・イギリス領北ローデシア)が新たな国名と国旗で閉会式に参加するという一幕もありました(高校時代に使っていた資料集に当時の写真が掲載されていた)。

 

 

このように話のネタになりそうなポイントはいくつかあるのですが、最大のポイントは「1024=2^10」であること、そして私が(一応)情報系で学ぶ学生であるということ。

 

両親曰く、私はもっと早く生まれる予定だったのですが、1日、2日と予定が遅れていくうちにこの日までずれ込んでしまったとのこと。

最初にそのエピソードを聞いたときは「生まれる前から面倒くさがりを発揮していやがる」くらいにしか思わなかったのですが、今振り返ると因縁めいたものを感じずにはいられません。

 

何となく理系に進み、何となく情報系を選択したのは、もしや運命だったのでしょうか……?

大図書館の羊飼い@パワプロ2018⑨~高峰一景~

こんばんは。飛鷹です。

 

 

今回の「大野球場の羊飼い」は、悟りを開くタイプの悪友、高峰一景の紹介です。

 

 

(※本企画についてはこちらの記事をご覧ください。)

 

nekoiscat.hatenablog.com

 

 

スクリーンショット

f:id:nekoiscat:20181023221220j:plain

f:id:nekoiscat:20181023221225j:plain

f:id:nekoiscat:20181023221228j:plain

f:id:nekoiscat:20181023221235j:plain

 

解説

ポジション

三(メイン)

高い身体能力を買って。

というか、他にメイン・サードでやっていけそうな人材が見当たらない。

自分から積極的に動くタイプではない。序盤の「図書部には残ったほうがいい」というアドバイスの件でも筧が言及している。

 

一歩引いて全体を見、バランスを取るというスタンス。 

 

野手能力

弾道

全身保体コンビの片割れ。

ミート

なかなか周りが見えている。

「とはいえ、筧を凌駕するには及ばないだろう」という判断も含め、相方の佳奈すけと同じ数値に。

パワー

身体能力の高さは折り紙付き。

しかしポジションのところでも述べた通り、あまり自分を押し出すタイプでないのでB止まりにしている。

走力

身体能力はスピード型ではなくパワー型だろうということでこのくらい。

肩力

パワー型ならばこちらは高くていいはず。

守備力

意外に仕事はキッチリこなす……が、周囲に「強い」人が多すぎるのでこのくらいか。

捕球

精神的には強いほうだと見ているが、過去の一件では荒れたこともあるし、作中でも激昂するシーンはあるし、なかなか迷った。

筧が「自分より大人に見える」という旨の発言をしていたことなどから、やや高めの設定に。

 

特殊能力

ケガしにくさA

打撃ツッコミの食らい手として大変頑丈。

しかし、空手を辞めるくらいのケガは負ったわけだし、Bでもよかったか?

広角打法

佳奈すけと同じく芸人魂

流し打ち

不必要な口出しをせずに見守るタイプ。

御園√での佳奈すけに対する態度などを参考に。

いぶし銀

先述の「全体を見てバランスを取る」という面をイメージ。

守備職人

罵倒されることに対する妥協なき姿勢は職人のそれに近い。

おまけテキストでは手の込んだ自殺も披露。

意外性

秘密を持った男なので。

桜庭√より。

調子安定

ギャグシーンでもシリアスシーンでもキャラがブレない。

選球眼

周りをよく見ています。

積極打法・慎重盗塁

ここも佳奈すけと同じ。「一見ノリがいいタイプだが、その実周りをよく見て自分をコントロールしている」という部分の再現。

チームプレイ◯

組織としての調和を保つのが得意というか信条というか。

 

その他

一度育成したが広角打法をつけ忘れ、そこから何度か再育成に失敗している。

パワフェスの難易度ノーマルは案外手強い(vitaでロックオン無しだとカーソルがブレまくる上、頑張って点を取っても守備時にボコボコ打たれて馬鹿試合化することが多いため、安定して勝利することができない。そもそも私の所持しているパワプロは「2018」以外だと「9決定版」のみだし……)